雛が誕生した(2)。。。サンコウチョウ。

5月26日。 サンコウチョウの巣造りは急ピッチで進み完成した。 間も無く営巣が始まる。 卵は2週間近くでかえり、雛は10日前後で巣立つようです。  。。。雛が誕生するのを楽しみに静かに観察を継続する。 今日がこのブログの終了日ですが、雛の誕生に異変が起きました。 明日に延期して<雛が誕生した③>をアップします。 皆様に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雛が誕生した(1)。。。サンコウチョウ。

サンコウチョウが巣造りをしているのを確認した。 5月25日でした。 この日から雛が誕生するのを楽しみに、鳥友数人で静かに観察を開始した。 公開保留していた巣造りから雛が誕生するまでの観察記録です。 ■今日(5月25日)の巣造り。。。サンコウチョウ(三光鳥)。   (撮影機材 Ni…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

目の前をイタチ?。。。リスが横切った。

今シーズンの里山は、林道の彼方此方で小動物の野ウサギ、イタチ、リスなどとの出会いが多い。 帰路途中で目の前をイタチ?。。。いやリスが横切った。 こちらに気がつき、谷川を超え木に登って行く。 余にも素早い枝移りだったが。。。今日は何とか撮れたようだ。 ノートリミングです。 ■リス(栗鼠) <ネズミ目 リス科>。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国蝶です。。。オオムラサキ。

食草のエノキの木に止まっていた。。。オオムラサキ。 鮮やかな紫色が無いので雌と思われるが。 なかなか移動しないので動画も撮ってみました。 オオムラサキは国蝶に指定されています。 ■オオムラサキ(大紫) <チョウ目 タテハチョウ科>。   (撮影機材 Nikon1 V2 + FT1 + AF-S …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

巣立ちは何時か。。。オオタカの幼鳥。

4月にオオタカが巣篭もりをしているのを観て、時折りソーット観察してきた。 先日(6月3日)、やっと雛を確認。。。真っ白な産毛の雛が3羽です。 産毛は見る見る成長し。。。幼鳥に。 17日、脚もしっかりし、羽ばたきしたり、巣から近くの枝に飛び移ったりしていた。 巣立ちは何時か。。。 ■雛が誕生して。。。オオタカ(大鷹)。 ▼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

巣材集め。。。オオルリ。

オオルリの雌が巣材集めに道端へ下りてきた。 近くで2番巣を作り始めたか。 雄も近くにいるのだが。。。集めて運ぶのはメスの役割のようです。 昨日も今日も本当に蒸し暑かったが、歩行数は両日とも13000歩超えでした。 ■オオルリ(大瑠璃)。   (撮影機材 Nikon1 V2 + FT1 + AF-S Nikk…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨシゴイ。オオヨシキリ。ヒクイナの雛。

初めてヨシゴイのフィールドへ出掛けた。 地元のカメラマンが独りいたので今日の様子を聞いたところ、未だヨシゴイが現れない、との事でした。 オオヨシキリが啼きながら近くへ来ます。 突然、ヨシゴイが見当違いのところから飛び出た。。。追っかけカメラではピンが出ません。 これは慣れないと撮れませんね。 暫くすると潜んでいた草叢の中から途…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

親鳥の仲睦まじい光景。。。ヒクイナ。

ヒクイナの続編です。 雄親が水浴びを始めたので、短編だが動画に収録したのでご覧ください。 3羽の雛が塒に入り休息すると、ペアの親鳥が出てきた。 雄が雌に寄り添い、囁いているような仲睦まじい光景です。 今日は里山へサンコウチョウ探索に出掛けた。 鳴声は彼方此方で聞けたが、良い位置に止まらなかった。 ■ヒクイナ(緋水鶏)。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

親の後ろから雛が来た。。。ヒクイナ。

今朝はヒクイナのポイントへ。 雛と親鳥の揃い踏みが撮れないかと再チャレンジです。 親鳥の後ろに3羽の雛が付いて来た。。。 その後、雄親も目の前で悠然と羽繕いを始めた。 つづく。 ■ヒクイナ(緋水鶏)。   (撮影機材 Nikon1 V2 + FT1 + AF-S Nikkor 300m…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

証拠写真です。。。タマシギ。

今日のターゲットはタマシギです。 稲が少し生育した田園地帯へ行き、ポイントを探す。 車を停めるとキジの雄叫びが聞こえた。 まずはキジをターゲットにする。 その後、手持ちカメラ持参で稲の間を探し歩く。。。 探していると、遠くに見慣れた鳥友の車を発見、周りに数人のカメラマンがいた。 其処がタマシギのポイントでした。 数ショット…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雛を見たくて。。。ヒクイナ。

ヒクイナの雛が4羽誕生した。。。と聞きポイントへ。 雛と親鳥の揃い踏みが撮れないかと、撮り位置を変えながら待ったが。。。 狭い川幅と草木に阻まれ撮れなかった。 ■ヒクイナ(緋水鶏)。   (撮影機材 Nikon1 V2 + FT1 + AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

漸く雄と出会った。。。サンコウチョウ。

地啼きも無くソーット来ました。 漸く雄との出会いです。 此処のところ撮れるのは雌さんばかり。 ブログにアップするのを躊躇っていたが、雄と出会えホットした。 雌も巣材を集めているようなのでこれからが楽しみです。 ■サンコウチョウ(三光鳥)   (撮影機材 Nikon1 V2 + FT1 + AF-S N…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

バックシャン。。。サンコウチョウ(雌)。

今朝はサンコウチョウのリベンジに出掛けた。 ホイホイ啼くが近くに下りてこない。 漸く暗いところで雌を捉えたが。。。後ろ姿。 ピンが遅く、相性が良くなかった。 暫く待ったが。。。通院時間がきて今日もここまで、リベンジを果たせなかった。 ■サンコウチョウ(三光鳥)   (撮影機材 Nikon1 V2 + FT1 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

オオルリ(雌)。ホオジロ。キンラン(金蘭)。

今朝の最初は、オオルリの雌が抱卵しているのを確認する。 奥へ進むとサンちゃんの鳴声が聞こえてきた。 何度か撮るが、証拠写真にも為らないボケ写真を量産しただけ。 三隣亡?。。。です。 気晴らしにキンランの花を観に行く。 ■抱卵の合間の休息。。。オオルリ(大瑠璃)の雌。 ■ホオジロ(頬白)。 ■マクロレ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

巣材を何度も集めて。。。キビタキ。

今朝は何時もの里山へ入る。 狭い林道でキビタキの雌が道端に下りて巣材を何度も集めて運んでいる。 周りを観察すると、近くの枝でキビタキの雄がこの様子を見守っていた。 この後、何時もの外回りコースを散策、サンちゃんの鳴声が彼方此方で聞こえてきた。 ■キビタキ(黄鶲)。   (撮影機材 Nikon…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

男振り良し。。。キビタキ。

プチ遠征です。 60分ほどドライブしてポイントに到着した。 オオルリ、ミソサザイ、キビタキがボチボチ来ました。 近くにカケスも来たが、止まり位置が悪く撮れなかった。 撮影枚数が多すぎて編集に手間取っています。 今日はキビタキをアップしましたが、ミソサザイ、ミソサザイ(動画)、オオルリも順次アップの予定です。 ■キビタキ(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金色に光輝く冠羽。。。キンケイ(金鶏)

キンケイ(金鶏)。。。ってどんな鳥? ネット検索で近隣の里山にキンケイ(金鶏)がいると知り、探しに行った。 【世界大百科事典から】 全長は雄約105cm。雌約66cm。 野生のものは、中国南西部の海抜900~1300mの山地の森林に留鳥として生息する。 地上で生活し、木の実や草の種子、小動物などを食べる。 雄は頭部と下背…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スライドショー。。。アトリ。カワガラス。カワガラスの幼鳥。

スライドショーを3本作成しました。 アトリ(4.22日撮影)。 カワガラス(4.09日撮影)。 カワガラスの幼鳥(4.23日撮影)。 リンクの入口は各写真の上下にあります。 ご笑覧下さい。 ■スライドショー(takaseto 野鳥観察)。 ◆アトリ(撮影日 2013'04.22)     <takaseto 野鳥観察…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more